プレミアム会員限定問題帰りは行きの3倍の時間がかかった。の英作文
ここに英文を書きます。


  • 添削例一覧

  • 「帰り」と「行き」の両方を訳す必要があります。depart は「出発する」で、ある地点を発つことを表しますので「行き」とは異なります。「行くために」「帰るために」と捉えて to 不定詞を用います。
  • 元々 A is longer than B の場合、A は B より長い、という意味ですので it took three times longer than xxx とすると、厳密に解釈して xxx の3倍分、長く時間がかかった(つまり4倍 ……
  • 行きと帰りは to go と to return で書きます。なお、departure は「出発」という一瞬の動きのことをいいます。一定の時間が必要な「往路」のことを言う訳ではありませんので、ご注意ください。
  • 時間が「かかった」という場合には、通常、その時間がかかった人を目的語にとります。その人から、それだけの時間を「奪う」というイメージで覚えれば覚えやすいのではないでしょうか。今回の場合では、(日本語でこうした形で省略する場合は)私が主語ですの ……
  • 「かかった」というのは、過去の話ですので、過去形にしましょう。
  • この英文から、「行きの3倍の」という部分を除いた元々の文を考えてみると、It took me long to return. となりますが、It took me a long time to return. という表し方のほうが一般的です。 ……
  • 「かかった」ですので、過去形にしてください。
  • 「(時間などが)かかる」という文は主語に It 、動詞に take を用い、「 It takes + 目的語(意味上の主語:行為者) + 時間 + to + 動詞の原形」という文型で表すのが通例です。「行きの3倍」という部分をいったん除き、 ……
  • back home だけだと動詞が足りません。「家に戻る」はbe back home や come back 、get back home とします。


  • 比較

    ©株式会社コンテンツアンドシステムズ