hellotalk

seldom/rarely と hardly/scarcely の違いは頻度か絶対量か

seldom と rarely の意味

seldom と rarely は、「めったに~ない」という意味で、時系列でみたときの発生が稀であること、すなわち、頻度が低いこと、を表します。全体の量に関しては、何も語っていません。

  • It rarely rains in this area in summer.(この地域では夏には雨がめったに降らない)

この文では、たまにしか雨が降らないことが分かりますが、降った時の雨量についての情報はありません。

seldom と rarely の違い

seldom と rarely はほぼ同じ意味ですが、seldom の方がフォーマルな表現です。

hardly と scarcely の意味

それに対して、hardly や scarcely は、「ほとんど~ない」という意味で、絶対量が少ないことを表します。頻度については、何も語っていません。

  • It hardly rains in this area in summer.(この地域では夏には雨がほとんど降らない)

この文では、雨量が少ないことがわかりますが、どのくらいの頻度で降るかの情報はありません。

hardly と scarcely の違い

hardly と scarcely はほぼ同じ意味ですが、hardly の方がフォーマルな表現です。

頻度を表す副詞の強度

頻度についての表現を強い順にまとめると、およそ次のようになります。

確率副詞翻訳例
100%always常に、必ず
90%almost alwaysほぼ必ず
80%usually, normally, generally普通は、たいていは
70%very often, frequentlyとてもよく、頻繁に
60%oftenしばしば、よく
50%sometimesときどき
40%occasionallyたまに
10~30%seldom, rarelyめったに~しない
0~10%almost never, hardly ever, scarcely everまず~しない
0%never決して(全く)~しない

絶対量が少ないことを表す hardly と scarcely ですが、ever を補うことにより、頻度が少ないことを表すことができます

  • It hardly(scarcely) ever rains in this area in summer.(この地域では夏には雨がめったに降らない)

これは英語で何と言う?

9時までに家に帰らなくてはいけません。

フレーズフレーズミーはあなたの書いた英文を瞬間添削します。

どんどん書いて英語力アップを目指そう!

ログインするとさまざまな学習機能が使えます。

登録は無料です。

フレーズフレーズミーは英作文を瞬間添削します。
ログインするとさまざまな学習機能が使えます!


登録は無料です。

チャレンジする項目を選んで下さい。



エラー一覧

©株式会社コンテンツアンドシステムズ